成海璃子が結婚発表「今後も仕事を続けていきたい」

成海璃子(28)が23日、所属事務所を通じて一般男性と結婚したと発表した。「お相手は一般の方で、9月中旬に入籍いたしました。今後も変わらずに仕事を続けていきたいと思います」。関係者によると、成海は相手と一緒に都内の区役所に婚姻届を提出した。結婚式や披露宴は未定。

成海は00年のテレビ朝日系「TRICK」で、仲間由紀恵演じるヒロインの幼少期役でドラマデビュー。05年の日本テレビ系「瑠璃の島」でドラマに初主演した。今年7月に公開された故大林宣彦監督の遺作「海辺の映画館-キネマの玉手箱」ではヒロインの1人を演じた。女優としてだけでなく、モデルとしても人気を集めている。

21年の大河ドラマ「青天を衝け」では、主人公渋沢栄一(吉沢亮)のいとこ喜作(高良健吾)の妻よし役での出演が決定。生涯の伴侶を得て、さらに輝きを増しそうだ。

 

◆成海璃子(なるみ・りこ)1992年(平4)8月18日、神奈川県生まれ。07年「神童」で映画に初主演。19歳だった12年にNHK大河ドラマ「平清盛」に出演し、平滋子を演じて高く評価された。特技はピアノと三線。163センチ、血液型O。