「無職」新井被告が俳優復帰なら応援するキャストも

派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われ、1審で懲役5年の判決を受けた元俳優新井浩文(本名・朴慶培)被告(41)の控訴審初公判(細田啓介裁判長)が12日、東京高裁で開かれた。弁護側は1審判決を「事実誤認があり量刑は不当」とあらためて無罪を主張、検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は11月17日に言い渡される。

   ◇   ◇   ◇

新井被告は初公判時「無職です」と答えた。ただ同被告の実力を評価する声も多い。

関係者によると仕事をしたことがあるスタッフ、キャストの間では今後、俳優復帰することがあれば応援したいと話している人もいるという。

新井被告のSNSは逮捕後更新されていないが昨年12月、一部で関東近郊の避暑地で女優に面倒を見てもらい生活しているなどと報じられた。