nikkansport.com @ mobile

社会

藤井四段が準々決勝敗退 史上初の中学生新人王逃す

  • FacebookMessenger
  • TL

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)が7日、東京・千駄ケ谷の東京将棋会館で行われた第48期新人王戦準々決勝で、先手の佐々木大地四段(22)に121手で敗れ、史上初の中学生新人王を逃した。同時に、またしても公式戦での4強入りを阻まれた。

 対局は、お互い居飛車で序盤から腰をすえて好機をうかがう展開。佐々木が自陣左に配した玉を金銀4枚で固め、藤井玉を1筋に誘い出して攻略した。「中盤はずっと分からなかった。最後は一方的に悪くなった」と言葉少なだった。

 藤井は、7月21日に行われた第2回上州YAMADAチャレンジ杯準々決勝で、優勝した三枚堂達也四段(24=現五段)に敗退。今月2日の第7期加古川青流戦準々決勝でも、決勝進出を果たした井出隼平四段(26)に敗れた。これで若手限定の公式戦は3つともで準々決勝で姿を消した。通算成績はこれで39勝6敗となった。

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

社会ニュースランキング

  1. 平尾容疑者脱走から2週間 まだ向島にいるのか?
  2. 神奈川県警ツイッターで「ねーちゃん、かわいいね」
  3. 全裸で抱きついた疑い 東大阪の中学教諭逮捕
  4. 小沢氏、国民民主党に指摘「考えが若干あいまい」
  5. 抗議できぬテレ朝の事情 過激発言に「特にない」