小室圭さん母の元婚約者「幸せにできるのだろうか」

秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期になっている小室圭さん(27)が22日、2017年12月以降、週刊誌などで報じられている母佳代さん(52)と元婚約者の男性(69)との金銭トラブルについて、「解決済み」と訴える文書を、代理人を通じて発表した。

小室さんがトラブルについて説明するのは初めて。これに対し元婚約者の男性は日刊スポーツの取材に、小室さんの主張に反論。「何をもって解決済みと言っているのか、分からない」と述べた。

小室さんは文書に、「私がこの問題について明確なご説明を差し上げてこなかったことで、多くの方々にご迷惑をおかけする結果になってしまったことをたいへん心苦しく感じています」と記した。元婚約者の男性との金銭問題について<1>母佳代さんが2010~12年の婚約期間中、男性から金銭的支援を受けた<2>12年9月、男性からの婚約解消申し入れを最終的に受け入れた<3>その際、佳代さんが支援を清算する意向を伝えたが、男性には「返してもらうつもりはなかった」と説明され、金銭的問題は解決済みと確認したという。

しかし13年8月、男性から返済を求める手紙が届き、佳代さんは専門家と相談した上で男性と会い、返済に応じられないと伝達。男性からも専門家と相談し、何かあれば連絡すると言われたが連絡がなく、「母も私も解決済みの事柄」と理解したとしている。眞子さまとの婚約内定後の17年12月、週刊誌で金銭トラブルが報じられ、「たいへん困惑」したとも記した。

これに対し、元婚約者の男性は「(小室さんは)今も、贈与というスタンスのようですが、何をもって解決ずみと言っているのか分かりません」と反論した。 男性は、生活費や小室さんの学費などで約400万円を支援。借用書はかわしていなかった。婚約解消後、お金を返してほしいとの意志を伝えた際、佳代さんは当初「月々1~2万円しか返せない」との立場を示した。男性は「そんなに待てない」との思いで、再考を求めたといい、小室さんの主張とは異なる。

その後、小室家から代理人を通じ、「贈与」で返金の意志がないことが伝えられたが、男性は「『はい、そうですか』とは言っていない」と訴えた。小室家側とのやりとりはそこで切れたというが、婚約発表の前日、当時は同じマンションに住んでいた小室さんと顔を合わせ、「こんばんは」と声をかけられた。これが小室さんとの最後の会話で金銭の話はなかった。男性は「私が出したお金で大学へ行き、留学をした。その際の説明会で眞子さまと知り合い、婚約がととのう運びになった。私に対する感謝の意を持っていないのではないかと感じた」という。眞子さまとの結婚を邪魔するつもりは「毛頭ありません」と述べた上で、「眞子さまを本当に幸せにすることができるのだろうか」と複雑な思いも漏らした。

今回の文書発表に関し、小室さんの代理人は、秋篠宮さまが昨年11月の会見で対応を求められたことや、昨年2月6日の結婚関連行事の延期発表から1年になることを挙げた。発信すべきか、する場合はどのタイミングか、小室さんは「悩んでいた」という。