あおり男容疑認める「間違いない」ガラケー女も移送

茨城県守谷市の常磐自動車道で10日、男性会社員(24)があおり運転を受け、車を停止させられた上、殴られた事件で、傷害容疑で茨城県警から指名手配されていた大阪市東住吉区の会社役員宮崎文夫容疑者(43)が18日、大阪市内の自宅マンション近くの駐車場で県警に身柄を確保され、逮捕された。

同県警は一緒にいたスーツケースを持った容疑者の交際相手の喜本奈津子容疑者(51=大阪市東住吉区)も犯人隠避容疑で逮捕した。宮崎容疑者は日付が変わった19日午前0時5分過ぎ、移送先の茨城県警取手署に到着した。

   ◇   ◇   ◇

宮崎容疑者(43)は事件から9日目、16日の指名手配から2日後に逮捕された。捜査関係者によると「殴ったことに間違いない」と容疑を認めているという。

18日午前11時ごろ、大阪市の自宅マンションから現れると、張り込んでいた茨城県警の捜査員たちに取り囲まれた。帽子をかぶり、マスクとサングラスで顔は隠していた。付近の駐車場で捜査員に車に押さえつけられながらも、大声を張り上げ「暴れてない」「自分で出頭する」などと抵抗。捜査員が連れて行こうとしていた東住吉署は「嫌だ」などと主張し、別の生野署に出頭したいと叫んだ。

宮崎容疑者の手には、事件の際に車に同乗していた女が持っていた黒のガラケーとは別のピンク色の「ガラケー」があった。近くには、スーツケースを持った容疑者の交際相手の喜本容疑者の姿もあった。喜本容疑者は黒いガラケーを持っており「(宮崎容疑者を)絶対に生野署に連れてってくださいね」などと大声で訴えた。喜本容疑者は、傷害事件時に宮崎容疑者の車に同乗し、被害者を撮影していた「ガラケー」の女だった。

宮崎容疑者は「そっちに一緒に乗りますから」と喜本容疑者と同じ車に乗りたい様子。喜本容疑者も「こっちに一緒に乗るから」などと警察に訴えた。押し問答の末、2人は別の警察車両に乗せられ、午前11時30分ごろ、車が出発。大声が飛び交う騒ぎに多くの近隣住民が駆けつけ、騒然となった。

宮崎容疑者の逮捕容疑は10日午前6時15分ごろ、茨城県守谷市の常磐道上り線の守谷サービスエリア付近で茨城県阿見町の男性会社員(24)の車を停止させ、「殺すぞ」などと言いながら男性の顔を複数回殴り、けがさせた疑い。

宮崎容疑者に白いSUV車を貸し出した神奈川県内のドイツ製高級車販売店によると、7月21日の貸し出しから今月11日に「代理人」を名乗る男女3人が返却するまで2000キロを走行。返却時には後部ハッチとリアバンパーに傷が付いていた。この間、7月23日には愛知県岡崎市と静岡市で同じ車によるあおり運転が発生していた。

宮崎容疑者を乗せた車は18日午後2時半ごろ、大阪府警東住吉署から500キロ以上離れた移送先の茨城県警取手署に向け出発。混雑する新幹線は避けたのか、Uターンラッシュの中、警察車両で約9時間半以上が経過した、19日午前0時5分過ぎに取手署に到着。車内で顔を手で覆って上体を伏せ、顔は見えなかった。喜本容疑者も茨城県へ向け移送され、19日午前に到着する見通し。【佐藤勝亮、佐藤成】

その他の写真

  • 取手署に移送される宮崎文夫容疑者(撮影・狩俣裕三)