永瀬貴規「使命果たす」五輪金メダルへ心技体を磨く

東京オリンピック(五輪)柔道男子81キロ級代表の永瀬貴規(26=旭化成)が15日、悲願の五輪金メダルへ心技体を磨くことを誓った。

オンライン取材に応じ、来夏に向けて「新たな技にも取り組んでいるが、もっとたくましい精神面と技術力が必要」と話した。コロナ禍による自粛期間中は、過去の試合映像を見返して自己分析した。特に勝負どころでのメンタルの弱さを課題に挙げ、自身の柔道スタイルの確立が強みになると考えた。2度目の大舞台では「日本代表としての使命を果たす」と金メダルを宣言した。