三浦弦太が代表9戦目で初ゴール、守備には課題残す

<東アジアE-1選手権:日本2-1中国>◇10日◇韓国・釜山

日本DF三浦弦太(ガンバ大阪)の代表9戦目での自身初ゴールは貴重な追加点となった。1-0の後半25分、G大阪の同僚であるMF井手口の右CKはピンポイント。頭でたたきつけるように合わせ、ゴール左隅へ決めた。

終盤にはマークの緩みを突かれて1点を返された。守備陣として課題を残したものの、ノルマである勝利は手堅くものにした。

その他の写真

  • 追加点を決めた三浦(右)を祝福する井手口(中央)ら(撮影・加藤諒)