イニエスタ「わくわくする」今夏古巣バルサ戦に感慨

メッシVSイニエスタが実現!? ヴィッセル神戸が7月27日にスペイン1部バルセロナとノエビアスタジアム神戸で親善試合を行うことが18日決まった。神戸を運営する楽天の三木谷浩史会長兼社長(54)が都内で会見を開き、「世界が注目する戦いになると思う」と期待した。神戸はバルセロナ出身者が3人おり、“バルサ化”を進めている。バルセロナは23日に埼玉スタジアムでプレミアリーグの強豪チェルシーとも親善試合を行う。

   ◇   ◇   ◇

夢の対決が実現した。「バルサ・スタイル」でチーム作りを進めている神戸が本家に挑戦するチャンスを得た。三木谷会長兼社長は「世界のNO・1クラブといっていいバルセロナを日本に迎えることができた。世界が注目する戦いになる」と大きな期待を口にした。

神戸には元スペイン代表のMFイニエスタ、FWビジャ、MFサンペールとバルセロナでプレーした選手が3人いる。下部組織からバルセロナ一筋だったイニエスタは、バルセロナのエースFWメッシとともに黄金期を築いた仲だ。そんな2人が相まみえる可能性も。ビデオメッセージを寄せたイニエスタは「バルセロナとの対戦は特別わくわくする。今までバルセロナ以外のチームでプレーしたことがなかったし、長年共にプレーしたチームメートがたくさんいる」と感慨深げに話した。

神戸は、17日にフアン・マヌエル・リージョ監督(53)が電撃的に辞任を発表した。立て続けに元ドイツ代表FWポドルスキも主将を辞任することを表明するなど、チームは混乱状態にある。20日にアウェー浦和戦を控え、早急な立て直しが急務となっているが、三木谷会長兼社長はこの日、何も語らず会場を後にした。今回のビッグマッチ発表で、チームの閉塞(へいそく)感を吹き飛ばしたいところだ。イニエスタは「ベストを出さないとやりあえないような相手。大事な成長の機会ととらえるべき」と意気込みを語った。リーグ戦第7節を終え、3勝1分け3敗で10位と低迷するチームの飛躍につなげていく。

◆バルセロナの来日 1990年、故ヨハン・クライフ氏が指揮して初来日。広島と日本リーグ選抜と対戦した。92年にはクラブW杯の前身トヨタ杯に欧州王者として来日し、南米王者サンパウロと戦った。日本で開催されたクラブW杯では06、11、15年に参加。04、05、07年には日本ツアーを行った