川崎F鬼木監督、鹿島戦ぶっつけでも「信じてやる」

川崎フロンターレは台風の影響を考慮し13日の鹿島とのルヴァン杯準決勝第2戦へ、12日午前に敵地へ向かう。

当初は12日の午前に川崎市内の練習場で調整し、午後に鹿島に移動予定だったが、風雨が強まる前に移動し、現地入りしてから調整することになった。天候によっては、練習できずに試合に臨む可能性もあるが、鬼木監督は「コンディションも含めて自分たちがやってきたものは、1日2日では崩れない。そこは信じてやれれば」と強い決意を口にした。