山形が痛恨の失点「チャンス決めれなかった」監督

<明治安田生命J2:金沢1-0山形>◇第37節◇20日◇石川西部

モンテディオ山形が手痛い1敗を喫した。アウェーで13位ツエーゲン金沢の1発に沈んだ。

スコアレスドロー目前の後半45分、ロングパスを185センチの長身DF山本に頭で合わせられ、ゴール左に決勝弾を決められた。暫定2位こそキープしたが、7位徳島まで勝ち点3差の大混戦。木山監督は「後半はしっかり攻撃でき、チャンスもあったが決められなかった。シュートがGKの正面を突くか、突かなかったかの差」と、勝ち点1をつかみ損ねた悔しさがにじみ出た。