見直した!西野ジャパン帰国に出迎え5・3倍増

  • FacebookMessenger
  • TL

 日本代表の帰国をファン約800人が出迎えた。東京・成田空港の到着ロビーに5日午前、日本協会の田嶋会長を先頭に西野監督、MF長谷部主将の順で登場すると、叫び声のような歓声が上がる。「お疲れさま」「ありがとう」など、温かい声が飛び交った。

 MF乾、DF長友らは笑顔でファンに手を振り、他の選手たちもリラックスした表情で歓声に応えた。代表引退を表明したMF本田は、黒のサングラスをかけて選手全23人の最後に姿を現した。

 出迎えたファンの列は何層にもなり、1フロア上の通路にも人があふれていた。午前7時ごろには、若い女性ファンを中心に、20人ほどが集まっていたという。最前列にいた都内在住の大塚梨瑚さん(22)は「選手が目の前を通ったが、緊張して声も掛けられなかった」と大興奮。大学生の林大樹さん(22)は「素晴らしい戦いをした日本代表にねぎらいの言葉を掛けた。4年後は東京五輪世代を中心に、ベスト16の壁を破ってほしい」と話した。

このニュースの写真

  • 大勢のファンに見守られながら成田空港に到着する日本代表イレブン(撮影・横山健太)
  • ロシアから帰国し花束を手にする日本代表の西野監督(撮影・鈴木正人)
  • FacebookMessenger
  • TL