ニッカン名言集(^。^)

あの笑顔ですべてが和む、エンターテインメントの神髄

中山秀征

谷啓さんのお別れの会で、遺影の前には愛用のトロンボーンが飾られていた
谷啓さんのお別れの会で、遺影の前には愛用のトロンボーンが飾られていた

クレージーキャッツのメンバーでトロンボーンの名手でもある谷啓さんが2010年9月11日に78歳で亡くなった。2カ月後に「お別れの会」が行われた。谷さんが演奏した「スターダスト」が流れる中、800人が参列した。中山秀征は「エンターテインメントの神髄」と言って脱帽した。コメディアンでもあったが「シャイな人」。1993年にハナ肇さんの通夜が終わった後、犬塚弘と植木等が話し込んでいる目の前に現れた谷さんは、突然右足の靴下を脱いだ。足の裏には「お先に失礼」と書いてあったという。「ガチョ~ン」。またこの言葉とパフォーマンスは、日刊スポーツが実施した「お笑い史上最高の一発芸アンケート」で1位になった。2位「コマネチ」、3位「アイ~ン」。(/_;)

<芸能・2010年11月12日掲載>

日刊スポーツが取材、掲載してきた記事コンテンツから、各時代を象徴的に生きたヒーロー、ヒロイン、それに関わった人々の名言を取り上げます。毎日更新します。

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

    更新