We Love Sports

白岩優奈 特別な思い「NEW YUNA」への挑戦

内側からの喜びがにじむ、自然で穏やかな笑顔だった。10月4日に閉幕したフィギュアスケートの近畿選手権。白岩優奈(18=関大)は特別な思いを抱き、3日のショートプログラム(SP)でリンクに立った。

近畿選手権シニア女子SP5位の白岩優奈(代表撮影)
近畿選手権シニア女子SP5位の白岩優奈(代表撮影)

「本当にうれしかったですし、内臓が飛び出るぐらい緊張して…。ホテルにいる時からドキドキが止まらなかったけれど、こうやってドキドキするのも10カ月ぶり。緊張も楽しめたんじゃないかな、と思います」

冒頭のルッツ-トーループの連続3回転は、トーループで転倒。それでも残り2つのジャンプを決め、ほほえんだ。SPは5位発進となり、翌4日のフリーを合わせて合計164・64点の6位。それでも「まだまだ伸びしろはある。たくさん課題が見つかって良かったです」と明るかった。

約10カ月前の19年12月。白岩は東京で行われた全日本選手権の観客席にいた。同年8月に体調を崩し、12月上旬には右脛骨(けいこつ)など右足の故障で、約8週間の安静治療を余儀なくされていた。

国内最高峰の舞台に立つことすら、かなわなかった。

「全日本(選手権)を見るのもしんどいというか、あんまり乗り気じゃなかったけれど、やっぱり『いつまでもくよくよしている場合じゃない』と思いました」

両親に「全日本を見に行きたい」と伝え、関西から東京へ向かった。複雑な気持ちに向き合いながら、最後には踏ん切りがついた。

「やっぱり全日本は特別な場所。出られなかったっていうのはすごく悔しかったです。人が演技をしているのを見て、やっぱり吸収できることとか『うまいな』って思ったこととか、自分の課題とかもたくさん見つかった。見に行ったのは『良かったかな』って思って『来シーズンは絶対に全日本に出場しよう!』という決意をしました」

今年に入り、1月中旬にスケーティングを再開。4月にジャンプが跳べる予定だったが、回復が少し遅れたという。新型コロナウイルスの影響でリンクの閉鎖も重なり、ジャンプが戻り始めたのは7月以降だった。それでも「完治」という診断がうれしい。「これからはもっと思い切って練習できる」と目を輝かせる。

近畿選手権の観客席から白岩の新SP「エデンの東」を見つめ、ふいに思い出したフレーズがあった。

3年前の17年11月。この平昌五輪シーズンが、白岩にとってシニア1年目だった。グランプリ(GP)シリーズデビューを果たしたNHK杯(大阪)の翌週。フランス杯が行われたグルノーブルで、ゆっくりと取材ができる機会があった。

白岩が名前を挙げたのが、NHK杯で2位に入った14年ソチ五輪銅メダリストのコストナー(イタリア)だった。15歳の白岩に対し、コストナーは30歳。滑りに思わず見入ったという。「コストナーさんは私の倍、生きている」と経験値の差を痛感した上で言った。

「シニアのトップの選手とは、滑りが全然違う。スケーティングの方にも、時間を使いたい。表現ももっと伸ばしていきたいです」

あれから3年。「エデンの東」を提案した浜田美栄コーチは、白岩の滑りが生きる曲を推薦したという。振り付けはスペイン出身のエルネスト・マルティネス氏。「浅田真央サンクスツアー」にキャストとして出演する20代前半の青年と意見を出し合い、作品を完成させた。マルティネス氏からは、こう要求された。

「『NEW YUNA』を見せてほしい。滑りがきれいだから『エデンの東』は、そんなきれいな部分を見せられる。素のままの優奈の滑りを見せてほしい」

白岩はこの春、関大に入学した。あの日コストナーの滑りに見入った高校1年生は、シニアのレベルでもまれ、相次ぐ故障に思い悩み、再びリンクに立った。

低年齢での飛躍が目立つ現在の女子フィギュア界で、18歳はもう「若手」と分類されないかもしれない。

それでもスケートを続けるからこそ、磨き、見せられる「深み」が必ずある。

「NEW YUNA」への挑戦が、今季の楽しみに加わった。【松本航】(日刊スポーツ・コム/スポーツコラム「WeLoveSports」)

◆松本航(まつもと・わたる)1991年(平3)3月17日、兵庫・宝塚市生まれ。武庫荘総合高、大体大ではラグビー部に所属。13年10月に日刊スポーツ大阪本社へ入社し、プロ野球阪神担当。15年11月からは西日本の五輪競技やラグビーが中心。18年ピョンチャン(平昌)五輪ではフィギュアスケートとショートトラックを担当し、19年ラグビーW杯日本大会も取材。

フィギュアスケート近畿選手権 シニア女子ショートプログラム 演技をフィニッシュする白岩優奈(代表撮影)
フィギュアスケート近畿選手権 シニア女子ショートプログラム 演技をフィニッシュする白岩優奈(代表撮影)

スポーツをこよなく愛する日刊スポーツの記者が、スポーツの醍醐味、勝負の厳しさ、時には心が和むようなエピソードなど、さまざまな話題を届けます。

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング