伝説のラガーマン石山次郎さん、W杯釜石開催に尽力

  • FacebookMessenger
  • TL

 新日鉄釜石ラグビー部で日本選手権7連覇を達成した、伝説のラガーマン石山次郎さん(秋田・能代市出身=61)が「第2の故郷」岩手県釜石市の復興へ尽力している。NPO法人「スクラム釜石」の代表理事として、釜石市に19年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会開催地の誘致を提案して、見事、実現にこぎつけた。さらに、自らが現場に立って試合会場である「釜石鵜住居復興スタジアム」の建設にも携わった。スタジアムは7月31日に完成し、19日のオープニングゲームを待つ。釜石の栄光が、ここによみがえった。

このニュースの写真

  • 85年1月15日 ラグビー日本選手権 同大を下して7連覇を達成し、喜びに浸る釜石フィフティーン。右端が石山さん
前へ 1 2 次へ
  • FacebookMessenger
  • TL