錦織圭「高揚感だったり、楽しみな気持ち」一問一答

26日から開幕するテニスの4大大会、全米オープン(ニューヨーク)で、世界7位の錦織圭(29=日清食品)が23日(日本時間24日)、会見を行い、ウィンブルドン後に、プレー中に息苦しさを感じたことについて「体調は戻りました。今は、大丈夫です」と、問題ないことを強調した。錦織は、1回戦で同205位で予選勝者のトルンゲリッティ(アルゼンチン)と対戦する。主な一問一答は以下の通り。

 

- 息がしづらかったのは。

錦織 もう大丈夫だと思います。シンシナティの後、3~4日で、フロリダの暑さの中でもしっかり練習ができている。

- 右ひじは。

錦織 ひじは、まだ(違和感が)ある。完璧には治っていない。試行錯誤してやっている。

- 1週目の戦い方は。

錦織 この2週間、1回戦で負けているので不安はある。試合勘という点で、1、2回戦が大事になってくる。

- 大坂さんについて、もし日本に住んでいたら、スターと勘違いするかもと言っていた。自分もそう感じる時があるのか。

錦織 なんで、こんなに有名になってしまったんだろうというのは、時たま思う。ひっそりと暮らすのが自分には合っている。

- どういう点で。

錦織 もう変えられないことなので、どうしようもない。ただ、やらなくちゃいけないことが増えている。自分の中の責任感だったり、正義感だったり。

- 20歳代最後の全米。何か違うか。

錦織 それ、1番、嫌いな質問かな。何が、回答で正解なのか分からない(笑い)。特に何も思っていない。

- 今でも、誰かと対戦したいという少年のようなワクワク感はあるか。

錦織 ある。今、1番、対戦したいのはよっしー(西岡良仁)かな。こてんぱんにやられたのでリベンジしたい。

- 1回戦のトルンゲリッティの印象は。

錦織 ストローカーなので、良かった。チェックしないとだめですが。ストロークがしっかりしている彼と、いいストローク戦ができればバネになる。

- 全米の印象は。

錦織 ほかのグランドスラムよりも、結果を残しているので、落ち着いた中で、高揚感だったり、楽しみな気持ちというのは、ほかのよりはちょっと多い。

 

◆全米オープンテニスは、WOWOWで8月26日~9月9日、連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信。

その他の写真

  • 錦織圭(共同)