【帝京・前田三夫の人生⑥】甲子園の試合当日 ゲーセンで部員を目撃…記者の告白に「記事にしてくれ」

就任50年目の2021年夏に勇退した帝京(東京)・前田三夫監督(72=現名誉監督)が、監督として過ごした半世紀を振り返りました。22歳の就任初日「甲子園に行こう」と呼び掛けたら、約40人いた部員が2週間ほどで4人まで減ったのは語り草。逆風のスタートから甲子園に26回の出場を重ね、歴代5位タイの51勝を積み上げ、3度の日本一に輝きました。今だから明かす秘話、勝負哲学、思い出に残るチームや選手たち、高校野球界へのメッセージ…9回連載です。

高校野球

古川真弥

人を教えるということは、なんと難しいことか。50年も監督を務めた前田名誉監督でさえ「自分の指導が分からなかった」と述懐する時期がある。猛練習で3度目の日本一を果たした95年夏の後、一転「自主性」を採り入れた時期があった。「スパルタが終わって、今度は自主性の時代になった。いろんな監督さんが、はやり言葉のように『自主性、自主性』と。『帝京の野球は古い』ということも随分、言われました」。

自主性で勝っちゃった

そこまで言うなら、うちもやってみるか。98年、前田監督、49歳の時だ。夏の大会前、主将の森本稀哲(元日本ハム)に「お前たちで考えてやってみろ」と、練習メニューや練習時間を自分たちで考えさせた。

「そしたら、東東京で勝っちゃった。『ああ、こんな楽なことで勝てたのか』と思いましたね」

浜田戦の8回、同点2点本塁打を放った森本稀哲=1998年8月19日

浜田戦の8回、同点2点本塁打を放った森本稀哲=1998年8月19日

そのスタイルで勝った以上、甲子園に来ても「自主性」に任せた。それまでは練習以外は宿舎から外出禁止にしていたが、買い物を許した。

初戦を勝ち、次の浜田(島根)戦の日も試合前に出掛けることを認めた。そこで“事件”が起きていたとは-。

森本稀哲のささやき「気が抜けてます」

試合中から、前田監督は強烈な違和感を抱いていた。

「普通は、選手は甲子園に来た感激から緊張してやります。だけど、練習試合ですよ。稀哲が耳元で『監督さん、誰々の気が抜けてます。危ないです』と言うんです。そんなの初めてです」。

案の定、和田毅(現ソフトバンク)擁する相手に2-3で敗れた。負けて宿舎に戻ると、レギュラーと補欠が「終わったぞー」と叫んで抱き合うのを目にした。

「普通は悔しがるでしょう。一生懸命やれば、涙のひとつも出ますよ」。普通が普通でなかった。すぐに選手を集めて訴えた。

浜田戦の4回、清水芳政は二塁に悪送球、カバーに入ったセンター坂本徳臣も後逸しマウンド上でぼう然

浜田戦の4回、清水芳政は二塁に悪送球、カバーに入ったセンター坂本徳臣も後逸しマウンド上でぼう然

「今、帝京の応援団がバスに乗って、東京へ向かって走っている。彼らの気持ちになってくれ。お前ら以上に悔しくて、疲れ切っている。それを考えたら、やはり1つ、2つ勝とうと努力しなきゃいけない」

その日の夜、さらに追い打ちをかけられた。同行していた記者と食事した際「実は」と打ち明けられた。

甲子園前にあったゲームセンターで遊んでいる部員を見たという。試合当日だというのに。

「自主性に任せたら、これでしょう。だから、その記者に『帝京高校の名前を出していいから記事にしてくれ』と頼みました。載りましたよ。自主性の危険性ということで」。

スパルタもダメ。自主性もダメ。もがく前田監督は、ある行動に出た。(つづく)