速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第64回】

責任感強い人陥りやすい

今、心の診察室では

朝刊症候群

 情報戦争の真っただ中にいるビジネスマンの朝は、まずは朝刊を手にして新しい情報を収集することから始まる。それでなくとも忙しい朝とあって、朝食をとりながら新聞を読むタイプもいる。忙しくても、この朝刊を読むのが日課になっていて、意識はしていないものの、どこかに楽しさがある。

 ところが、ある日を境に、朝刊を読むのが嫌になって、活字を目で追えなくなってしまう。これが軽症うつ病の「朝刊症候群」である。なにも中高年ばかりを襲うとは限らない。若いビジネスマンをも容赦なく襲う。

 食品メーカーに勤めるA男さん(31)は会社の独身寮に入っていた。大の野球ファン、松井ファンで一般紙とともにスポーツ新聞も愛読していた。ところが、松井が満塁本塁打を打っても、新聞を読む気になれなくなってしまった。これが、変調の始まりだった。

 そのうちに朝起きるのもつらくなり、次第に会社を休む日が多くなってきた。体調が悪く会社を休むと、独身寮の同僚に伝えてもらう。だが、同僚が独身寮に戻ってくると、A男さんは元気になっている。酒の誘いも断らない。翌朝は大丈夫だろうとA男さん自身も同僚も思うが、朝になるとまた体調は思わしくない。

 何とか出社できてもミスの連続で、同僚の足を引っ張ってしまう。同僚の1人が上司に「うつ病では…」と進言。A男さんは上司の勧めで精神科を受診した。やはり軽症うつ病で「朝刊症候群」だった。

 朝刊症候群に陥るタイプは、きちょうめんで仕事に対して責任感の強い人が多い。A男さんはまさにそのタイプだった。寮の中での和を重んじるばかりに、実は酒の付き合いを断れずに参加。それが心の負担になっていたことが、カウンセリングで分かった。

 A男さんは抗うつ薬を服用し、規則正しいリズムのある生活をすることにした。そして、ゆっくり休むことで5カ月後には、朝刊が待ち遠しい日々に戻ることができた。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

日内変動

 うつ病にも日内変動がある。朝は気分が重く活動が悪い。が、午後になると次第に元気になり、夕方以降は朝の状態の想像ができないほど活動的になる。これがうつの日内変動。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ