速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  現代医学が明かす漢方の威力
 

【第71回】

効果てきめん半夏瀉心湯

現代医学が明かす漢方の威力

抗がん剤の副作用・下痢(4)

 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は、古来下痢に使われてきた漢方薬だ。しかし、塩酸イリノテカンによる下痢を防ぐと分かったのは、全く別の筋道からだった。北海道大薬学部の鎌滝哲也教授は、生薬に含まれるバイカリンという成分が、塩酸イリノテカンが腸内細菌によって分解され、再び毒性を持つのを強く抑えることを突き止めた。そこで、バイカリンを多く含み、下痢に使われる漢方薬として白羽の矢が立てられたのが、半夏瀉心湯だったのである。

 まず、塩酸イリノテカンを開発した製薬会社(第一製薬)でネズミの実験が行われた。ネズミに塩酸イリノテカンを投与すると、エサの食べ方が少なくなり、体重が見る間に減少していく。ところが、半夏瀉心湯を投与すると、食欲の低下や体重減少が明らかに抑えられたのである。さらに、ネズミに塩酸イリノテカンを投与すると、問題の遅延性の激しい下痢が起こる。しかし、半夏瀉心湯は驚くほど顕著に下痢を防ぐことが分かった。「半夏瀉心湯をネズミに投与するとあまりによく下痢が止まるので、もう一度実験をやり直してもらったほど」だという。

 そこで、次には青森県立中央病院の坂田優先生が人間での効果を確かめた。ここが、漢方薬のいいところで、すでに長く使われてきた歴史があるので、人間にも安心して応用できるのである。協力してもらったのは、すでに手術できない肺がんなど、進行がんの患者たちだ。

 がんが進行して転移してくると、治療は全身的な効果を期待できる抗がん剤に限られてくる。そこで、塩酸イリノテカンを投与する一方、毎日食前に3回半夏瀉心湯を服用してもらった。すると、患者23人中9人で、全く下痢が起こらないか、下痢が起きても1日で治ってしまった。遅延性の下痢を、半夏瀉心湯でほぼ完全に防ぐことができたのである。

 さらに9例は下痢は起きたものの1日2〜3回程度で、3日以内に止まった。全く効果がなかったのはたった1人だった。

【ジャーナリスト 祢津加奈子】

急性の下痢

 塩酸イリノテカンは投与数時間後に急性の下痢を起こす。これは下痢止めで治るが、治すと遅延性の下痢がひどくなる。これは、下痢を止めることで腸内細菌が塩酸イリノテカンを分解してできる毒物・SN38が腸の中に蓄積するため。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ