速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  現代医学が明かす漢方の威力
 

【第75回】

汗の量で使い分け

現代医学が明かす漢方の威力

風邪(3)

 北海道漢方医学センター付属北大前クリニックの本間行彦院長によると、風邪の漢方薬は、ほとんどが体温を上げて風邪を治すものだという。実際には、数十の漢方薬が使われるが、その使い分けのよりどころになるのが、患者の体力(証)と病期だそうだ。

 素人が、証を見分けるのは難しいが、本間院長がいい指標になると言うのが、汗。熱が出るけれども汗は出ない人は、中間以上に体力があると考えられる。逆に、熱が少し出ても汗をいっぱいかくという人は体力があまりない、つまり虚証と考えていいそうだ。「感染症で汗をたくさんかくのは体が弱い人。実証の人は汗はかかないのです」と本間院長。

 まず、風邪をひいて4〜5日の間は急性期。体力がある人(実証)には、葛根湯(かっこんとう)が向く時期だ。38度以上の高熱が出て、筋肉や関節が痛む場合は、葛根湯よりさらに効果が強い麻黄湯(まおうとう)が向く。つまり、インフルエンザがこれに該当する。

 「葛根湯も麻黄湯も体力がある人の漢方薬なので、弱い人には向きません。麻黄は胃を傷めるだけではなく、心臓が弱い人には心筋こうそくなどを誘発することもあるので、十分注意して使ってほしい」そうだ。ただし、この2つの漢方薬は「汗をかいて1日でストンと治ることもあるほど。効果が早い」そうだ。漢方薬をのんで、フトンにくるまって汗をかくというのが効果的。

 一方、高齢者など体力があまりない人によく使われるのが、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)。ここに含まれる麻黄と附子、細辛は3つとも体を温める。「高齢者は顔が青くなって、背中にザワザワ寒けがする、氷を背負ったようだと言う人が多いのです。麻黄附子細辛湯をのむと温かくなり、ジワッと汗ばんで風邪が治っていきます」。ポカポカ体が温まって気持ちよく、治っていく。

 これは胃にもやさしいので、胃が弱い人にも安心。桂枝湯(けいしとう)もよく使われるが、こちらは胃が悪いときにも使われる漢方薬だそうだ。

【ジャーナリスト 祢津加奈子】

インフルエンザ脳症

 インフルエンザにかかった子供などに現れる脳症で、死亡率50%という極めて恐ろしい病気。以前は、ワクチンの副作用と言われたが、これは誤解。最近ではアスピリンなどの解熱剤の服用が関係しているのではないかとも言われている。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ