速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第45回】

かゆくてかゆくて眠れない

この病気にこの名医

むずむず脚症候群(上)

 あなたは睡眠障害で苦しんでいませんか。眠ろうとするころになると、脚にジリジリ、むずむずと不快症状が現れる「むずむず脚症候群」で苦しんでいませんか−。

 「白人には5〜15%患者さんがいるといわれ、日本人などアジア人はそれより少なくて2〜5%前後。年齢の上昇につれて有病率の割合も増え、60歳以上では5%以上と思われます」と、むずむず脚症候群診療の第一人者、代々木睡眠クリニック(東京・渋谷区木)の井上雄一院長(48)は説明する。「病気自体の認知度が低いために、皮膚科とか整形外科に通院し、正しい診断・治療がされずに、さまよい続けている患者さんが多いのです。私のところで治療を受けている患者さんも、病院を5カ所、6カ所と回ってこられた方が多いですね」。

 むずむず脚症候群の症状は、眠るころになると太もも、ふくらはぎ、足首から先、時には下腹部から腕に起こることもあるむずむず感。高齢者の場合、皮膚がかゆい「皮膚掻痒(そうよう)症」があるが−。「皮膚掻痒症は表面のかゆみです。その場合、かいたりすることで気分が良くなります。ところが、むずむず脚症候群はもっと深部で起きているのでかいても治りません」。

 夜に太もも、ふくらはぎがむずむずする不快感に襲われるので、患者は眠れない。そこで散歩したり動き回ると症状は消える。消えたから眠ろうとすると、またむずむず感が出てくる。「重症の場合、早朝の3時から4時ごろまでそれが続きますので、慢性睡眠不足という患者さんも多いのです」。

 さらに、重症化すると昼にも症状が出てくる。それも安静にしていると症状が悪くなる。会議中、映画観賞中、電車の中、人によっては運転中に起こるので車を止めて歩かないと回復しない人もいる。うつ病になったり、自殺を考えたりする人もいるだけに、症状に気がついたら、睡眠障害を専門とする精神科や神経内科の専門医を受診すべきである。

 ▼むずむず脚症候群の男女比 ある調査によると、60歳以上の日本人男女で、むずむず脚が疑われる異常感覚を感じているのは男性が8%、女性が16%、女性が男性の2倍多い傾向があるといわれている。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆むずむず脚症候群の名医

 ▽ウェルネス望洋台クリニック(北海道小樽市)・藤田雅彦院長
 ▽秋田大学医学部付属病院(秋田市)精神科・清水徹男教授
 ▽独協医科大学病院(栃木県壬生町)神経内科・平田幸一教授
 ▽代々木睡眠クリニック(東京都渋谷区)・井上雄一院長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ