速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
click here!
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ おすすめコンテンツ MLBへ PDF号外へ プレゼントページへ 本日の占いへ 映像へ 新聞購読へ
サイト内検索
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
モータースポーツ
F−1
日程&記事
シリーズポイント
エントリーリスト
WRC
日程&記事
シリーズポイント
IRL
日程&記事
WGP
日程&記事
その他の日程
CART
国際F3000
Fニッポン
全日本GT
スーパー耐久
全日本F3
他の主要レース
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
モータースポーツタイトル

  【訃報】
 

「天才」加藤大治郎選手、26歳早すぎる死

 「天才ライダー」加藤大治郎選手(ホンダ)が4月20日午前0時42分、搬送先の三重県四日市市内の病院で脳幹梗塞(こうそく)のため亡くなった。26歳だった。加藤選手は同県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで6日に行われたロードレースの世界選手権シリーズ開幕戦・MotoGPクラスのレース中に転倒、意識不明の重体になっていた。事故から2週間集中治療を受けてきたが、意識は戻らなかった。01年には世界選手権(WGP)250CCクラスで世界王者に輝いた加藤選手の死は、日本のモータースポーツ界にとって大きな損失になる。
◆加藤大治郎の年度別成績◆
年度 レース 成績
94 全日本選手権250CC 総合7位
95 全日本選手権250CC 総合5位
96 全日本選手権250CC 総合2位
97 全日本選手権250CC 総合1位
世界選手権日本GP 優勝
98 全日本選手権250CC 総合8位
世界選手権日本GP 優勝
99 全日本選手権250CC 総合2位
世界選手権日本GP 5位
00 世界選手権250CC 総合3位
鈴鹿8時間耐久 優勝
01 世界選手権250CC 総合1位
鈴鹿8時間耐久 4位
02 世界選手権MotoGP 総合7位
鈴鹿8時間耐久 優勝

 日本が世界に誇るライダーが逝った。転倒事故から2週間、加藤選手は真樹子夫人ら家族が見守る中、最期まで闘った。事故直後、1度は心臓が停止したものの奇跡的に蘇生した。だが、2度目の奇跡は起こらなかった。

 加藤選手は18歳だった94年に国際A級ライダーに昇格し、10年足らずの間に一気に世界のトップライダーへの階段を駆け上がった。優しそうな童顔に似合わず、積極果敢にコーナーに突入するライディングスタイルは、日本だけでなく世界中のファンから支持された。MotoGPの公式ホームページではトップニュースで「Daijiro Kato Loses Brave Fight For Life(加藤大治郎選手が命をかけた勇敢な戦いに敗れた)」と全世界に伝え、その死を悼んだ。

26歳で死去したGPライダー加藤大治郎選手

 世界選手権には96年日本GPの250CCクラスにワイルドカード(地元枠)でデビュー。97、98年の日本GPで連覇を飾った。01年は同クラスで年間11勝の最多優勝記録を打ち立て、世界王者にも輝いた。昨年3月には2輪選手として初めて文部科学省のスポーツ功労者顕彰を受けている。同年MotoGPクラスに昇格し、ランキング7位。世界最高峰の年間タイトルを狙えるただ1人の日本人選手として期待されていた。

 「日本を代表するトップライダー、加藤選手の訃報(ふほう)に接し、深い悲しみでいっぱいです。輝かしい功績で夢を与えてくれた。ごめい福をお祈りします」。加藤選手の所属するホンダレーシングの金沢賢社長は悲痛な思いを言葉にした。3歳からポケットバイクに乗り始め、5歳でレースに出場。「バイクレースは危険」と公言する一方、00年からはジュニア世代のライダー育成のためにレースを主催してきた。心からオートバイを、レースを愛したフルスロットルの人生だった。26歳。あまりにも早すぎる。

写真=26歳で亡くなった加藤大治郎選手。写真は02年8月2日、鈴鹿8時間耐久ロードレース計時予選でトップタイムをマークしたときのもの(撮影・加藤哉)

 ◆加藤大治郎(かとう・だいじろう)1976年(昭51)7月4日、埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。85年に全日本ポケットバイク選手権総合優勝。94年に国際A級ライダーに昇格。97年全日本GP250CCクラスで総合優勝。世界選手権(WGP)は96年日本GPの250CCクラスにワイルドカード(地元枠)でデビュー。97、98年の日本GPで連覇を飾った。00年からWGP250CCクラスにフル参戦。翌01年に11勝のシーズン最多勝記録で総合優勝。同年、2輪レース界で初めて文部科学省スポーツ功労者顕彰も受賞した。02年にMotoGPにステップアップ。総合7位でルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。162センチ、51キロ。家族は妻と1男1女。

 ◆加藤選手の転倒事故 4月6日午後2時にスタートした日本GPのMotoGP決勝の3周目。最終コーナー手前に2カ所ある「シケイン」と呼ばれるクランクコーナーの1つ目の入り口でコースアウト。防護用のタイヤ壁に衝突、転倒した。頭や胸を強く打ち、コース上に投げ出され、意識不明のままヘリコプターで病院に搬送された。鈴鹿サーキットは今年2月、シケインを1カ所から2カ所に増設したばかりだった。

 ◆MotoGP 2輪ロードレース世界選手権シリーズの呼称。125CC、250CC、MotoGPの3クラスに分かれる。01年まで最高峰は500CCだったが、02年から990CC4ストロークマシンが参戦可能になり名称も変更された。

文句なしの「MVP」取ってほしかった…

 ◆本紙記者、悼む 加藤選手が250CCクラスで総合王座を獲得した01年、東京運動記者クラブ・モータースポーツ分科会は「優秀選手賞」を贈った。最優秀選手は四輪の英国F3選手権で総合優勝を果たした佐藤琢磨だった。どちらの功績が上か判断が難しく、近年にない議論が続いた。  決め手となったのは、ある記者の一言だった。「大ちゃんはMotoGPクラスで優勝してからMVPをあげればいいんじゃないの?」。不思議と納得した。大治郎は近いうちに世界の頂点に立つ。だれもがそう確信していたからだ。いや確信以上のものだった。将来、彼は必ず世界一速い男になると分かっていた、という気持ちだった。  今は笑顔しか思い出せない。少年が格好つけて少し照れたような、人懐っこい笑顔。文句なしのMVPを取ってほしかった。それを手渡すときの笑顔が見たかった。【高宮憲治】

遺体自宅へ…レース仲間ら弔問

 加藤選手の遺体は4月20日夕、東京都港区の自宅に戻った。関係者、レース仲間も駆けつけた。Fニッポン・ドライバーの本山哲は、父親が経営する埼玉・秋ケ瀬サーキットが加藤のミニバイク時代のホームコースだった縁で兄弟のように仲が良かった。「彼のファンでもあったが、その楽しみがなくなってしまった。でも、くよくよするだけじゃなく頑張っている姿を見せたい」と気丈に話した。今季のMotoGPに参戦中の玉田誠、今年2輪から4輪へ転向した武田雄一らも姿を見せた。

 玉田誠選手の話 実感がない。顔を見て、ありがとうの言葉しか出なかった。今年から同じクラスで走れることを楽しみにしていたのに…。彼を目標にして走ってきた。お礼を言いたい。

 武田雄一選手の話 これまでの人生の半分以上が彼と一緒だった。天才であると同時に努力の人でもあった。とにかく残念。レースで必死に頑張って大ちゃんを喜ばせたい。

 ◆ホンダ中本氏「信じられない」 ホンダでF1を担当する中本修平エンジニアリングディレクターは、加藤選手がデビュー当時は2輪の設計担当だった。4月20日、F1サンマリノGP参加のため滞在しているイタリア・イモラで「回復してくれると希望は持っていたのに…。信じられなかった」と話し、「大治郎のタイムを見て、ライバルメーカーが慌てていたのを覚えている」と思い出を語った。

 ◆欧州も悲しみ 加藤選手死去の報は、モータースポーツの盛んな欧州でも大きな悲しみをもって伝えられた。スポーツ専門放送局のユーロスポーツは事故直後からホームページで経過を報告してきたが、ニュースで「ユーロスポーツは、加藤選手のご家族に心からお悔やみを申し上げたい」と表現した。また、回復を祈る声が多かったホームページの掲示板では「さようなら、大ちゃん、安らかに」「ダイジロウのいないレースは考えられない」というファンからの悲しみのメッセージが100通以上も寄せられた。

加藤大治郎選手死去/PDF号外(2003年4月20日発行)


「お別れの会」9000人が献花

加藤大治郎選手お別れの会

 2輪ロードレースMotoGPの事故で4月20日に亡くなった加藤大治郎さんの「お別れの会」が5月18日、都内のHONDA青山で開かれた。全国から集まった約9000人のファンが献花に長い列をつくり、26歳で亡くなった天才ライダーの早すぎる死を悼んだ。会場には加藤さんの参戦マシンやライダースーツ、01年の世界GP250ccクラス制覇の写真などが飾られた。世界選手権の主催者側は加藤さんの殿堂入りを決定。父隆さんは「大治郎のファンの皆様に心よりお礼を申し上げます」とコメントを寄せた。

写真=加藤大治郎選手お別れの会で、パネルの前で手を合わせるファンの人たち(撮影・宮川勝也)


前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ