峰竜太(38=佐賀)が準優10R、逃げた広瀬将亨に続く2着で、当地4節連続優出を決めた。「広瀬(将亨)さんがミスをしない限り差せる足ではなかったですね」と相手の機力に脱帽だった。

優勝戦は4枠。「5コースまでなら1着は狙える。全速まくり差しのイメージ。一瞬の集中力ならNO・1ですから」。ボートレース界随一の勝負強さで優勝を狙う。