清水愛海(24=山口)は、初日前半4R2着、後半11R1着の2連対発進を決めた。特に後半11Rは4カドから、冷静に展開を見極め、まくり差した好内容だった。

相棒の6号機は、前節で魚谷智之が優勝したエンジン。開口一番「乗りやすいです。エンジンはいいと思います」と、まだ初日を終えたばかりだが、好感触を得た。

2日目は、6R3枠と12R「2ndドリーム」6枠の2回走り。乗りやすさを武器にポイントの上積みを目指す。