ガールズの保立沙織(40=神奈川)が予2・6Rで、鐘4カマシの尾方真生を追って2着でゴール。今年初めて決勝に勝ち上がった。予1・7Rは4着で、確定板入りが最低条件だった。

「(尾方が)どこから仕掛けるかと(ハンドルを)絞りっぱなし。前で待っている人に飛び付かれるかもしれないけど、それを恐れず走りました」と振り返る。無風のまま最終4角を回って「ちょっとだけ、抜けるかもって夢を見たけど、尾方さんの踏み直しがすごかった」と笑った。自力タイプがそろった決勝も、目標選択が鍵になる。