女子ポイントレースで、内野艶和(22=日本競輪選手会)が、金メダルを獲得した。内野はこの種目では22年以来、2年ぶり2度目のアジア女王となった。全100周(25キロ)で、10周回ごとのポイント周回すべてで得点を獲得する完勝だった。

ポイントレースは、中距離4種目で争うオムニアムの最終種目。

男子は児島直樹(23=チームブリヂストンサイクリング)が、昨年に続く大会連覇となった。