事故点の積み重ねで1カ月間強、あっせん停止だった夏目新吾(35=静岡)が、復帰戦のA級予選1Rを勝利した。

残り2周の赤板過ぎから逃げて、そのまま押し切った。「付けてくれた桜井丈さんがスタートを取ってくれた。それがすべてでしたね」。

久しぶりのレースについては「アップもなんかいつも通りじゃなかった。レースもなんかフワフワして掛かり切ってなかったね。でも、これで1走して2日目からは良くなると思う」。

2周ぐらいは平気で駆けるその走りは、準決でも波乱を呼ぶかもしれない。