南関のオールラウンダー嶋津拓弥(37=神奈川)には準決12Rが今後への試金石になる。番組を見てすぐに岩本俊介マークを即決し、「岩本さんと初。自分はいま、番組次第で動くか追い込み勝負。いつかは追い込みになる。そう考えると、準決は大事」と心境を明かして表情を引き締めた。

シリーズの行方を占う初日特選12Rで岩本の強さを肌で感じた。展開は岩本が後攻めから前に出た後で、松本秀之介から道場晃規へ主導権が移った。岩本は脚力をロスした揚げ句に6番手に置かれながらも、ロングまくりで勝った。嶋津は道場マークで、瞬く間に横を通り過ぎた岩本を止められずじまい。その強さを思い起こしては、「明日はとにかく、まずは番手を死守することに集中」と気合を入れ直していた。