永田義紘が3R、6コースから最内を差し伸びて1着を奪い、3連単7万円超えの高配当をたたき出した。

2日目4Rに続き、2日連続の万券演出だ。「ターン回り、出足がいいし、展開を突けている」。

51号機はレース足が軽快。1月末のフライングで遠のいたかに見えた初のA級昇格も、視野に入ってきた。

減点10を跳ね返して、まずは準優進出を狙う。