馬野耀(29=大阪)が、デビュー2度目の優勝に王手をかけた。

予選トップでつかんだ準優10R1枠から、抜きで勝利。佐々木完太、古田祐貴とのトップ争いを制して、今年2度目の優出を果たした。「安定板もついて、前半がちょっと回転足らずで重いと思って、後半は回していった。足は実戦向きの感じで、ターン回りがしっかりしているのは継続していた」と振り返った。

22年12月のルーキーシリーズ以来の芦屋参戦だったが「芦屋みたいに広い水面は好きですよ」と、前回に続いて優出してみせた。

「優勝戦はインから全速で行きたい」。デビュー初優勝した昨年2月の下関以来、2度目のVへひた走る。