A準決3Rは3番手をキープした石塚慶一郎(22=和歌山)がバック過ぎからまくって快勝した。

「最終ホームですごくペースが緩んだので、行こうと思ったら前の夏目新吾さんが踏み出した。一番、仕掛けたらいけない3角の上りのところでいってしまったが、なんとかクリアできて良かった」。決勝は初日特選と同様に、同じ機動型の中村一将とは別線で戦う。土岐のガードもあり、強烈なまくりがさく裂するかも。