日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

ゲイト復活の兆し、馬なりで先着/七夕賞

ウッドコースでピュアロング(右)と併せ、追い切られたシャドウゲイト
ウッドコースでピュアロング(右)と併せ、追い切られたシャドウゲイト

<七夕賞:追い切り>

 七夕賞(G3、芝2000メートル、12日=福島)で57・5キロのトップハンデを背負うシャドウゲイト(牡7、加藤征)が9日、美浦ウッドコースで6ハロン80秒2の好時計をマーク。馬なりで半馬身先着した。今年26勝でリーディング2位と絶好調厩舎の看板馬が、勢いを加速させる。

 飛び出すかのようにコースに出てきたシャドウゲイトが、ウッドで豪快な動きを見せた。5馬身先行するピュアロング(古馬500万)に向正面から一気に襲いかかった。直線では相手が懸命にステッキを入れられるのに対し、内から抜け出してからも手応えは楽なまま。持ったままで半馬身先着を果たし、6ハロンで80秒2の好タイムをマーク。しまいの13秒4も、追えばまだ伸びる余力を残していた。加藤征師は「前半少し速かったかな。でも動きはいつも通り。出来も前走と同じくらいだし、ずっと同じくらいのレベルだよ」と納得の表情を浮かべた。

 金鯱賞では全盛期をほうふつとさせる走りを見せた。好位から早めに動き、勝ち馬とのたたき合いに持ち込んで2着。相手は後の宝塚記念で2着に入ったサクラメガワンダーだった。トレーナーは「前走は離れなかったけど、相手が弱ければ3~4馬身離れていくんじゃないかと思う」と胸を張る。中距離界での地力の高さを示すには十分なレースだった。

 勝ち星は07年のシンガポール航空国際C以来、2年遠ざかっている。「去年、一昨年と内面的にイライラしていたね」。精神面の不安定さから、じんましんや湿疹(しっしん)などに悩まされたという。海外G1馬としてハンデ戦での負担重量も大きかった。だが、今年はひと味違う。主戦の田中勝騎手も「馬の雰囲気がいいころの感じに戻ってきたね」と復活の兆しを感じ取っている。今夏最後の福島で完全復活を遂げる可能性は高い。【山本幸史】

 [2009年7月10日8時5分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  エールの出走が正式決定/プロキオンS - 競馬ニュース
  2. 2  インティライミ札幌記念回避し函館記念へ - 競馬ニュース
  3. 3  ヴェラブランカ満を持して初陣/新馬戦 - 競馬ニュース
  4. 4  マイスター連闘、重賞2勝目狙う/七夕賞 - 競馬ニュース
  5. 5  優樹菜との交際「心配ないさ~」と代弁 - 芸能ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです