第102回全国高校サッカー選手権が12月28日に開幕する。2年ぶり14度目出場の静岡学園は、29日の1回戦で明徳義塾(高知)と対戦(埼玉・浦和駒場スタジアム、午後0時5分)。日刊スポーツ静岡版では「静岡学園 4年ぶりの全国制覇へ」と題して、チームの顔触れを連載する。

   ◇   ◇   ◇

DF野田裕人(2年)は50メートル6秒0の快足を武器にサイドを駆け上がる。右サイドバックが主戦場で、県選手権では2年生で唯一レギュラーをつかんだ。磐田東との準々決勝と浜松開誠館との準決勝で決勝ゴールをマーク。2年生ではただ1人大会ベストイレブンにも選出された。持ち味はチャンス時にゴール前まで攻撃参加する積極性。チームを活性化させる攻撃的サイドバックは「どんどん仕掛けてチームに貢献したい」と意気込む。

守備も「もともとは得意」と対人の強さを兼ね備えている。ただ、藤枝東との決勝では守備の対応が遅れ、あわや失点の場面を招いた。「そこはしっかりと反省しないといけない」と自戒する。県選手権後に再開したプレミアリーグでは先発を外れた。全国に向け、再びのポジション争いがある。野田は「普段の練習から100%を出し手、自分の特徴をアピールしていきたい」と闘志を燃やす。

◆野田裕人(のだ・ひろと)2006年(平18)4月5日、岐阜県生まれ。小1から川島SSSでサッカーを始め、中学時代はFCディバインでプレー。家族は両親、弟、妹。171センチ、61キロ。右利き。血液型O。