カンボジア1部ティフィー・アーミーFC所属のDF高木利弥(31)が27日夜、自身のX(旧ツイッター)を更新し、突然の契約解除で帰国することを報告した。

「突然過ぎてびっくりはしましたが、色んな経験ができて僕自身も良かったと思いますし、少しは人間としても一皮剥けられたかなと」と記した。

今後については「まだ現役続行したいので、皆さまぜひオファーのお声お待ちしております」とした。

父は「アジアの大砲」で知られる元日本代表FWで、Jリーグの監督としても活躍する高木琢也氏。自身は左サイドバックとしてモンテディオ山形、ジェフユナイテッド千葉、柏レイソル、松本山雅FC、愛媛FCで活躍。今季からカンボジアに渡り、プレーしていた。