MF鎌田大地(27)の所属するラツィオは、ホームでボローニャに1-2と敗れた。

鎌田は後半32分から途中出場したが、勝利に貢献することはできなかった。

ラツィオは前半18分にMFイサクセンのゴールで先制したが、同39分にGKプロベデルがゴール前でまさかのキックミス。目の前の相手にボールを渡してしまい、最後はMFアズジにゴールを許した。当初はオフサイドの判定だったが、VARで認められて1-1となった。

そして後半33分にもカウンターからFWザークツィーにゴールを奪われ、1-2で敗れた。

鎌田は1月以降のリーグ戦6試合において、すべて途中交代の3試合のみの出場。チャンスに恵まれず、厳しい時を過ごしている。