箱根駅伝のMVPに授与される金栗杯は、青学大の林奎介(3年=柏日体)が獲得した。林は箱根駅伝デビューで7区を走り、88回大会で東洋大の設楽悠太(現Honda)が記録した1時間2分32秒の記録を6大会ぶりに塗り替える、1時間2分15秒の区間新記録を打ち立てた。

 林は、受賞の心境について聞かれ「全く、レース前は考えてもいなかった賞なので、心境と言われても、よく分からない。素直にうれしいですし、チームのエースに近い存在になれたのかなと実感できました」と笑みを浮かべた。その上で「区間新と金栗杯受賞は、人生の中でも印象に残る出来事だと思うので、自分の中にしまって日々成長したい」と今後の飛躍を誓った。

 大会関係者は「選考委員会を開くまでもなく、途中の車の中で、みなで電話で相談して満場一致で決めました」と明かした。