日本陸連は9日、ドーハで19年9~10月に開催される世界選手権で、競歩の男子20キロ、同50キロ、女子20キロで3位以内に入った最上位選手を20年東京オリンピック(五輪)代表に決めると発表した。

 日本陸連は19年世界選手権の競歩とマラソンの代表選考要項を公表。競歩のこの3種目は8月に開幕するアジア大会で金メダルを獲得すれば、世界選手権代表となる。マラソンは男子が福岡国際、東京、びわ湖毎日、北海道、別府大分毎日の5大会、女子がさいたま国際、大阪国際、名古屋ウィメンズ、北海道の4大会での記録や順位を勘案して選ぶ。マラソンの東京五輪代表選考大会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)は来年9月15日に行われる。19年世界選手権は時期が近いため五輪を見据える選手は出場しないことが想定されている。