東葛(旧NEC、1部12位)が三重(旧ホンダ、2部2位)に33-10で勝利した。

東葛は前半7分にWTB後藤輝也(30)のトライで先制すると、前半14分までに12-0とリード。その後も着実に得点を重ね、前半を26-3で折り返した。

後半に入り、無得点の時間が続いたが、後半21分にフランカーのアセリ・マシヴォウ(25)がトライを決めて加点。堅守で三重の反撃をかわし、33-10で勝利を収めた。

1部・2部入れ替え戦は2回戦方式を採用されており、第2戦は今月27日に大阪・花園ラグビー場で行われる。

◆勝敗の決定方法

(1)勝ち点

(2)勝利数

(3)得失点差

(4)トライ数

(5)トライ後のゴール数

※(1)が同数の場合は(2)によって決定するものとし、以降も同様とする

※(1)から(5)によって勝敗が決しない場合、1部所属チームを勝者とする。