バスケットボールBリーグ1部(B1)の滋賀レイクスターズは5日、チーム呼称を「滋賀レイクス」に変更すると発表した。

チーム活動開始から15周年を迎える今季、長年愛称として親しまれた「レイクス」を、公式の呼称とすることを決めた。日本一を目指すうえで、滋賀県の象徴かつ日本最大の広さを誇る琵琶湖の名を冠するチームであることを、より強調する狙いがあるという。

チームエンブレムもシンプルでスタイリッシュなものへと変更する。