12月開幕のラグビー「リーグワン」1部で初優勝を目指す横浜キヤノンイーグルス(横浜)の沢木敬介監督(48)が30日、見る者を驚かす“沢木スペシャル”の発動を予告した。

横浜市役所で開催された出陣式に出席。昨季もペナルティーから驚きのサインプレーを使った経緯があり、トークショーでは司会の浅野杏奈(22)から「スペシャルプレーも…」と尋ねられた。沢木監督は表情を大きく崩すことなく「どういうプレーをするか分からないけれど、見ていて『楽しい』と思うのが、僕はラグビーの根底にあるべきものと思っている。イーグルスのラグビーを見て、楽しんでもらえるように、考えていかないといけない。『なんかやってやろうかな』という思いはあります」と口にした。

昨季は南アフリカ代表SHファフ・デクラーク(32)、元日本代表SO田村優(34)らを中心に、チーム最高の3位に食い込んだ。

今季は12月10日、埼玉・熊谷ラグビー場で昨季準優勝の埼玉パナソニックワイルドナイツと開幕戦を戦う。沢木監督は集まったファンに向けて「長いシーズン、出来がいい試合もあれば、そんなに良くない試合も出てくる。ただ、出来が悪い試合を見た時に、やっぱりファンの皆さんに(選手が)一生懸命に頑張る姿、ハードワークしている姿を感じてもらえるようなチームじゃないといけない。それが皆さんへのリスペクト。出来が悪い試合を見た時でも、選手の頑張りを感じてもらえたらと思います」と言い切った。【松本航】