日本時間9日午後9時27分から男子フリーに臨む日本勢が、午前に会場の国家体育館で最終調整に臨んだ。

7日のショートプログラム(SP)2位発進の宇野昌磨(25=トヨタ自動車)は、フリーの曲かけ練習で冒頭の4回転ループが1回転となった上で転倒したが、その後は4回転トーループなどを着氷。曲かけ前後では4回転フリップ、トリプルアクセル(3回転半)-3回転トーループの連続ジャンプなどを降りた。日本勢では13年から4連覇した羽生結弦以来の連覇が懸かる。

同3位発進の鍵山優真(20=オリエンタルバイオ/中京大)は曲かけ練習で4回転サルコーなどを着氷し、振り付けも確認。曲かけ後は4回転トーループ-シングルオイラー-3回転サルコーの連続ジャンプも降りた。

同4位の三浦佳生(18=オリエンタルバイオ/目黒日大高)は8日に続き、体調不良により不参加だった。日本スケート連盟によれば、フリーには出場予定で調整を進めているという。

◆男子フリーの滑走順(全て日本時間)

<1>アダム・シャオイムファ(午後9時34分/SP88・36点)

<2>ケビン・エイモズ(同9時42分/SP93・20点)

<3>三浦佳生(同9時50分/SP94・86点)

<4>鍵山優真(同9時57分/SP103・72点)

<5>宇野昌磨(同10時5分/SP106・02点)

<6>イリア・マリニン(同10時13分/SP106・90点)

【フィギュアGPファイナル 男子フリーライブ速報】はこちら>>