53年ぶりの優勝を目指す日本(世界ランク2位)が、5大会連続の決勝進出を決めた。香港(同6位)に3-0と隙を見せなかった。24日の決勝では5連覇中の中国(同1位)に挑む。

日本は張本美和(15=木下グループ)早田ひな(23=日本生命)平野美宇(23=木下グループ)のパリ五輪代表メンバーで出陣。第1試合は張本が相手エースの杜凱■に2ゲームを先取されたが、第3ゲーム(G)から巻き返して3-2で制した。

流れに乗ってバトンを受けたエース早田は、朱成竹に3-0のストレート勝利。要所で投げ上げサーブを有効に活用しながら、主導権を手渡さなかった。

最後は平野がスピードあふれる戦いぶりで、李皓晴を3-0と圧倒した。

ベンチではこの日出番がなかった伊藤美誠(スターツ)もタイムアウト時などにアドバイスを送り、木原美悠(木下グループ)を含めた総力戦で決勝に勝ち上がった。絶対王者の中国相手に、その力が試される。

※■は王を横に2つ並べて下に木