日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース

日大三V!吉永147キロ完投/神宮大会

<神宮大会:日大三4-1鹿児島実>◇最終日◇18日◇高校の部決勝◇神宮

 日大三(東京)が4-1で鹿児島実(九州)を下し、初優勝を果たした。先発右腕、吉永健太朗投手(2年)が自己最速タイの147キロをマーク。8安打を浴びたが要所を締め、3戦連続完投でV腕となった。東京地区には、来春の選抜大会の「神宮大会枠」が与えられ、都大会準優勝の国学院久我山が濃厚。残る関東の5枠目は、関東大会8強で敗れた4校を中心に選考される。

 9回1死、併殺の完成を見届けた吉永の笑顔が弾んだ。1人で投げ切った日本一のマウンド。「目標だった。うれしい」と喜びをかみしめた。7回には自己最速タイの147キロを計測。すべて力で押すことなく奪三振4と、完投する意志があった。

 技術への探求心も強い。大会前「肩に負担がこないよう」(吉永)ひじが背中側に入りすぎるテークバックを修正した。寮では目標の日本ハム・ダルビッシュの著書「変化球バイブル」を熟読。月に1度実家に帰るが、父巌(いわお)さん(43)が撮り続けてくれた投球写真を手にしながら、リリースポイントを確認、反省する。来春センバツへ「失点しない投手を目指す」と高い目標を掲げた。甲子園は今春公式戦デビューを果たした地。もうひと回り大きくなって帰る。

 [2010年11月19日7時52分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

吉永健太朗





この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  星野楽天、得点力増へ巨人退団の李獲得へ - 野球ニュース
  2. 2  【オリックス】移籍の野中が俊足を披露 - 野球ニュース


日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです