日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

桑田氏が清原の打撃投手“KK対決”実現

フリー打撃終了後、抱き合う清原(左)と打撃投手役を務めた桑田氏
フリー打撃終了後、抱き合う清原(左)と打撃投手役を務めた桑田氏

 オリックス清原和博内野手(40)と元パイレーツ桑田真澄氏(40=野球評論家)の「KKコンビ」が復活した。29日、昨年7月の左ひざ軟骨移植手術から再起した清原の1軍復帰を桑田氏が打撃投手で後押し。清原の依頼に桑田氏が快諾し、スカイマークスタジアムで“KK対決”が実現した。激励を受けた清原は「魂をもらった」と現役生活を完全燃焼する構え。8月3日のソフトバンク戦(京セラドーム大阪)にも1軍復帰するが、最高のパートナーに力をもらって戦う準備を整えた。

 清原は桑田氏が投げるボールを1球1球気持ちを込めてはじき返した。「これは行ったやろ」。右翼席への1発に、マウンドの桑田氏が舌を出す。空振りを取られると今度は清原が苦笑いした。94年10月27日、西武と巨人の日本シリーズ第5戦以来、実現したKK対決。打撃投手での対決はPL学園、巨人時代もなく初めてだった。

 貸し切りのスカイマークスタジアムは、2人だけの空間だった。18・44メートルの距離に、KKコンビの熱い友情が復活した。

 清原 生涯最高の練習だったと思います。人生で、こんな素晴らしい投手と対決することはもうない。

 桑田氏 高校1年生の時に彼と知り合ってなかったら、早くに野球を辞めていたと思う。先に引退したけど、今までの感謝の気持ちを込めて投げさせてもらった。

 左ひざの故障から再起した清原は、31日に約2年ぶりに1軍合流する。「桑田のボールを打ってから上がりたい」思いに、桑田氏が応えた。桑田氏はパイレーツのユニホームで登場。引退の身ながら、前日まで連日ランニングや投球練習など、調整してきた。最高の形で復帰戦に贈る“応援球”を投げ込んだ。

 桑田氏 おそらくプロとしてのボールは今年しか投げられない。アマチュアのボールは彼に対して投げたくなかった。彼に最後投げるまではトレーニングも力を抜けないと、モチベーションを上げました。つらい時は彼の顔を思い出しながら最後は絶対、彼に投げるんだという気持ちでした。

 全38球のラスト7球はガチンコ勝負だった。「真剣に投げてくれ」。清原の願いに桑田氏がうなずいた。初球ボールの後、ファウル、空振りでカウント2-1。そこから清原は右翼線へ1本、ネット裏へ2本のファウルで粘った。そして7球目、桑田氏は94年日本シリーズ第5戦でバックスクリーンにたたき込まれた「真ん中高めの真っすぐ」で勝負を挑んで、清原は豪快な空振り三振に倒れた。次の瞬間、2人には笑顔で歩み寄って「ありがとう」と抱き合った。

 清原 最後は真剣に振ったし、今持ってる力を出し切った。決着もついたし桑田に背中を押してもらって怖いものはない。

 実は直前、桑田氏の左足首を鋭いライナーが直撃していた。だが桑田氏はコールドスプレーをかけて再びマウンドに立った。大きく腫れた左足。清原は泣きそうになっていた。

 清原 あの時点ですぐ病院に行った方がいいというくらいの打球。でも当たっても痛い顔1つせずに…。桑田の魂をもらった。桑田の魂を胸に1球1球これから頑張っていきたい。

 桑田氏 最後に痛いお土産ももらったけど、これも記念になる。2年間つらかったことのすべてをバットに込めて、彼らしいホームランを1本見たいですね。

 15歳の春に出会って26年目。KKの「魂」が1つになって、清原が復帰舞台に挑む。【松井清員】

 [2008年7月30日9時29分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは










日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです