日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

しょこたんが松本&筒美7年ぶり共作歌う

 歌手中川翔子(23)が、あこがれの80年代アイドルに変身する。作詞家松本隆氏(59)と作曲家筒美京平氏(68)が7年ぶりに共作した「綺麗ア・ラ・モード」を10月22日に発売することが17日、分かった。近藤真彦「スニーカーぶる~す」など、昭和のヒット曲を量産した名コンビの力を借りて、念願のヒットチャート1位を狙う。

 オタク文化に造詣が深いしょこたんが、中でも最もあこがれてきたのは、ブリッコ全盛の80年代アイドルだ。8月から3カ月連続シングル発売を目指すしょこたんは、締めくくりの10月に「アイドル王道コンビ」による楽曲を熱望。松本氏と筒美氏の7年ぶりの共作が実現した。中川は「夢に思っていたので本当に作っていただけて、ギザびっくりです。歌うのが難しかったけど、黄金の血が入っている曲なので、大事に歌っていきたいです」と感激した。

 シングル総売り上げ枚数が、作詞家歴代2位の松本氏(1位は阿久悠氏)と、作曲家歴代1位の筒美氏は、コンビを組み80年代に数々の名曲を制作した。100万枚を超えたマッチの最大ヒット曲「スニーカーぶる~す」、太田裕美「木綿のハンカチーフ」、中山美穂「BE-BOP-HIGHSCHOOL」、斉藤由貴「卒業」など、約80曲。ほかにも榊原郁恵、柏原芳恵、薬師丸ひろ子、小泉今日子、少年隊など手掛けたアイドルはトップに駆け上がった。

 しょこたんには今まで歌ってきたポップスから一転して、バラードが提供された。プロモーションビデオでは、今まで見せたことのない、大人っぽい姿も披露している。昨年のNHK紅白歌合戦出場や海外ライブを実現するなど、音楽活動も勢いに乗っているが、ヒットチャートは1月発売の4枚目のシングル「snow tears」の2位が最高。1位になってこそトップアイドルとばかりに、目標は高く掲げており、不二家のCMにも起用される王道のアイドルソングが勝負曲になる。

 [2008年9月18日6時42分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは






芸能ニュースランキング


この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  杉本彩が全裸モデル「全然平気」 - 芸能ニュース
  2. 2  杉本彩ほぼ全裸モデル「大いに注目して」 - 芸能ニュース
  3. 3  NHK「篤姫」最終回前に集中的に再放送 - 芸能ニュース
  4. 4  米俳優R・オニールが薬物所持で逮捕 - 芸能ニュース
  5. 5  舞台「黒部の太陽」出水シーンに水40トン - 芸能ニュース



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです