日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 芸能
  2. ニュース

芸能のRSS

オセロ中島、2年ぶりTV出演も支離滅裂

 昨年、洗脳騒動と家賃滞納問題を起こし、休業中のオセロ中島知子(41)が29日、テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」に出演し「正常」をアピールした。約2年ぶりのテレビ出演。同居していた自称女性霊能者からの洗脳を否定し、女性をかばい続けた。滞納については、相方松嶋尚美(41)の独立や所属事務所との確執で悩んで休養をとりたくなり、ヤケになった末の行動と告白。冗舌だったが、識者からは「言っていることがメチャクチャ」と疑問の声が出ている。

 中島は28日、都内で同番組の取材に応じた。現場には笑顔で登場。休業前から激太りが報じられていたが、当時よりも明らかにほっそりとし、冗舌に話し続けた。

 ◆女性との関係 約8年前、同じ店の客として出会った。「普通に一緒に友達として買い物やごはんに行ったりした関係。世話になっている友人です。もともとはモノを書いてる方。バイトみたいな形で一定期間だけ、占いみたいなことをしていた。生活が楽しくなるような人生相談をする方、というイメージです」。

 ◆女性との同居の経緯 家賃滞納を起こした都内マンションで、09年ごろから同居。自身の散財癖が理由だった。「私はお金遣いが荒い。お金が足りなかった時、彼女に借りていた。『借金を家賃で返すんで一緒に住んでもらえませんか』と自分から言った」散財の例について「服に1回で350万とか使います」。

 ◆洗脳疑惑 「意味が分からない。されてないです」と否定。「『影響を受けている』と言われても訳が分からない」。

 ◆家賃滞納問題 11年6月~12年3月まで月約65万円の家賃を滞納。理由は、休業したかったからという。「仕事に関していろいろ考えたい時期になり、しばらく休みたかったが、休めなかった。ヤケになった感じ。会社(事務所)と話が合わなかった。相方(松嶋)が、コンビなのに独立したことにも考えることがあった。悩んで、急に意を決して『もういいや家賃滞納で迷惑かけるかもしれないけどそこまでいけば休ませてもらえるかな、という浅い考えで(滞納を)やってしまった。申し訳なかった」

 ◆療養生活 最近、都内の療養施設に入院して27日に退院したばかり。入院前、両親側から「しばらく実家にいてほしい」と言われ、1カ月程度いた時期があったが、「長い時間『家の中にいろ』と言われ、我慢できなくなって、お金も持たずに家を飛び出してヒッチハイクした。(両親から)『ちゃんと治療してほしい』と言われ、入院したら両親が納得してくれるのかなと思い、入院する形にした」。健康状態は「バッチリです」。

 ◆高級料理疑惑 女性の指示で、高級焼き肉などを食べに行っていたとも報じられた。「私、すごく牛肉が好き。神戸牛みたい(な体形)になってしまったんですが(笑い)。『牛アンド牛』みたいなことになってしまった。(女性には)散財に付き合ってもらった感じ。(報道は)何言っとんねん、と思ってた」

 ◆女性への思い 女性への謝罪を繰り返した。「私と関わったことでこうなってしまって、本当に悪かった。迷惑を掛け、巻き込んでしまって本当にごめんなさいと言いたい」。関係者に女性の「歌手デビュー」を頼んでいたとされる件については「彼女は歌がうまいので。ただ世間話の一環で言った」。

 ◆今後 芸能活動再開をアピールした。「仕事はすぐにでも、今日の午後からでもやらせていただきたい。一からやり直すという意味で、新しい自分を見ていただけたら」。

<洗脳騒動経過>

 ◆09年ごろ 霊能者とされる女性と同居を開始。

 ◆11年4月 所属事務所が体調不良を理由とした無期限休養を発表。

 ◆同7月 家賃を滞納し始める。両親が裁判所に人身保護請求を行い、一時入院。

 ◆同9月 個人事務所マンションの契約終了。

 ◆同12月1日 不動産管理会社が立ち退きを求め提訴。

 ◆12年2月10日 自宅マンションの家主、本木雅弘が立ち退きを求め提訴。

 ◆同28日 不動産管理会社の裁判で部屋の明け渡しと滞納家賃の支払いを命じる判決。説得に応じて自宅を出る。

 ◆同3月4日 中島が両親と都内のホテルで対面。

 ◆同21日 自宅、個人事務所マンションから家財道具が運び出される。

 ◆同23日 本木夫妻が提訴を取り下げる。

 ◆同5月 家賃(月約65万円)滞納分(11年6月~12年2月までの9カ月分と3月の日割り家賃で計約785万円)を一括で支払い。個人事務所用に借りた家賃未払い分約650万円も完済。

 ◆13年1月7日 脱洗脳、マインドコントロールを手掛けてきた脳機能学者苫米地英人氏が情報番組に出演。中島が昨年11月時点でテレビ復帰を希望していたことを明かす。

 [2013年3月30日6時56分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞