日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 芸能
  2. ニュース

芸能ニュースのRSS

女優杉森茜&タレント一ノ瀬文香が同性婚

杉森茜(左)と一ノ瀬文香
杉森茜(左)と一ノ瀬文香

 日本テレビ系「ウーマン・オン・ザ・プラネット」に出演中の女優杉森茜(28)とTBS系「サンデー・ジャポン」のコメンテーターなどで知られるタレントの一ノ瀬文香(34)が来年4月19日、都内のレストランで「挙式・披露宴」を行う。芸能界では異例の同性婚となる。

 2人は12年10月、新宿のゲイバーで出会った。一ノ瀬は09年4月に週刊誌でレズビアンであることをカミングアウト。ミュージカルを中心に活動している杉森も「自分の中で9割以上は女性が好き」であることを自覚していた。

 一ノ瀬は中学、高校の美術教員免許、杉森は音楽、英語の教員免許を持つなど「教育」が2人の共通項になっている。一方で「けっこう趣味はバラバラです。でも、そこが良かったのかも」と杉森は言う。「あなたたちお似合いよ。くっついちゃいなさいよ」というゲイバーのママの後押しもあり、交際が始まった。

 交際半年の昨春頃から都内で同居生活を始めた。女性の旅をドキュメントタッチで追う「ウーマン・オン・ザ・プラネット」でアメリカ横断を収録した杉森は、番組内で「来年結婚します」と宣言もした。ニューヨークのロケ先に一ノ瀬が訪ねてきたこともあった。杉森の弟の結婚式に一ノ瀬が、杉森のパートナーとして出席するなど、親族からも理解を得ている。

 来春の挙式も決まった。だが、日本では法的な婚姻は成立しない。「何が変わるのかって思いますよね。でも、それはケジメですし、私たちのようなケースを理解してもらうためにも『結婚』したかった。日本で1つのアピールになれば」と杉森は言う。「もう何十回もケンカしたし、お互いにいろんなものをはき出しているから、ずっとやっていける自信があります。子どもは欲しいですね。彼女とよく相談しなくてはいけないけど、養子という形になるのではないかと」。

 挙式は、都内で「人前結婚」の形式で行い、親族や関係者で披露宴も行うという。「2人ともウエディングドレスです。やっぱり、夢ですから」。やわらかい笑顔で話す杉森とパートナーの一ノ瀬がその日、「愛の形」を世に示す。

 ◆杉森茜(すぎもり・あかね)1986年(昭61)11月2日、北海道生まれ。北海道教育大卒。06年から函館ダンスアカデミーのアシスタント。越路吹雪三十三回忌コンサートに出演している。

 ◆一ノ瀬文香(いちのせ・あやか)1980年(昭55)8月12日、栃木県生まれ。DVD「お願い!文香先生」など、教師キャラとしても知られる。NHK教育「ハートをつなごう」にも出演した。

 ▼同性婚 男性同士、女性同士が男女の夫婦のように性的親密さを基礎に社会的、経済的なパートナーシップを築き、維持すること。英国(北アイルランドを除く)、フランス、オランダなど欧州11カ国、米国18州など法的に認める国、地域は増加傾向。一方、カトリック教会の総本山バチカン市国や政教一致のイスラム国家では否定的見解が出されている。男性の同性婚では、英歌手エルトン・ジョンが有名。法的に認められていない日本では、13年3月に元宝塚女優の東小雪さん(当時28)と増原裕子さん(同35)が、東京ディズニーシーで挙式。

 [2014年12月20日7時10分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞