nikkansport.com @ mobile

社会

小池氏の「希望の塾」に2902人、新党プラン現実味

 小池百合子東京都知事が立ちあげた政経塾「希望の塾」の開講式が30日、東京・池袋で行われ、応募した4827人から選ばれた2902人が出席した。塾生には事前に、選挙に立候補する意思、具体的な選挙の種類を問うアンケートを実施。目的の1つが、「小池系候補」の発掘なのは明らかだ。

 小池氏はあいさつで「塾で政治や行政のツボを学んでいただき、学びを深めてほしい」と要請。その上で「1人1人が批評家ではなく、プレーヤーとして参加していただける方向を目指したい」と、塾生の政治参加に期待をにじませた。「東京や日本に足りないものは、希望ではないか。希望の塾を通し、みんなで希望を見いだし、実現しましょう」とも呼び掛けた。

 塾は月に1回、来春まで講義が行われる。まずは、来夏の都議選での候補者擁立が念頭にあるようだ。

 塾生の年齢は18歳~60代と幅広く、北海道や沖縄、海外からの参加者も。応募者が予想を上回り、開講式は4回に分けて行われた。

 小池氏は式の後、「希望を持って集っていただいた。感動した」と述べた。「プレーヤー」発言については「みなさんはすでに(入塾で)行動を起こしている。大変心強い」と述べた。

  • TL

おすすめ情報PR

社会ニュースランキング

  1. 安倍首相批判逃れ?「悪魔の証明」辻元議員に要求写真あり
  2. 雪崩の瞬間「怖すぎて記憶飛んだ」救出高1状況語る写真あり
  3. 安倍首相、籠池氏に不信感「信頼関係がなくなった」写真あり
  4. 辻元議員「侵入ない、面識ない」メール内容全面否定写真あり
  5. 辻元清美議員が森友問題で反論「事実はありません」写真あり