nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 芸能TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
芸能TOP
音楽ダウンロード
シネマ
占い−0学占星術
インタビュー
イベント/チケット
黛まどか
TV全国番組表
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
芸能タイトル  

「なるトモ!」3月末で終了

 昨秋から日本テレビで放送されている関西発の朝の情報番組「なるトモ!」(月〜金曜、午前9時55分)の関東地区での放送が、3月末で終了することが8日、分かった。4月からは中山秀征(38)司会で放送中の「ラジかる!!」(月〜木曜、午後3時55分=関東ローカル)をベースとした情報番組を放送する。

 「なるトモ!」は、日本テレビ系列のよみうりテレビ(大阪市)制作。関西で「ポスト上沼恵美子」と人気のタレントなるみ(33)、陣内智則(31)が出演する情報バラエティーで、関西地区では04年5月にスタート。05年1月10日放送分では、13・7%とこの時間帯としては異例の高視聴率をマークした。この人気に着目した日本テレビが、昨年10月から関西発“逆ネット”の形で、番組を購入し放送していた。

 関東地区で当初2%前後だった視聴率も、最近では1月16日に6・0%(関東地区)を記録するなど上昇傾向を見せていたが、最終的に同局は関東地区になじまないと判断し、4月以降の番組購入契約を更新しなかった。同局の久保伸太郎社長も「関西では人気番組でも、関東の視聴者には違うのかな」と感想を漏らしていた。

 関西の情報番組は、進行台本に沿うよりも、出演者同士の呼吸で話を進める傾向が強く、そこが魅力の1つ。このため放送当初は関東地区の視聴者の戸惑いもあったが、最近は、関東地区の茶の間にも浸透しつつあった。

 背景には、視聴率低迷に悩む日本テレビの番組改革への強い意識がある。関西発ではないが、同じく3月末で「ザ! 情報ツウ」(午前8時)の終了も決定。「極楽とんぼ」加藤浩次と演出家テリー伊藤のコンビで新番組を立ち上げるが、これで、平日午前帯の3時間超を一気に衣替えする形だ。

[2006/2/9/09:22 紙面から]


【関連情報】
いつでもどこでも芸能ニュース!
新聞購読の申し込みはこちら!!

 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【早川愛〜アクセサリー日記】昨日の☆ [09日18:15]
  • 【黛まどか】2/11(土・祝) ラジオウォーク [08日18:54]
  • 【はあちゅうのみーはー主義。】スポーツ博士になる! [02日10:20]


  • click here!


    ニッカン芸能!への簡単アクセス方法

    ケータイで芸能情報!
    QRコード
    i-mode、Ezweb、Vodafone live!に対応
    詳しくはこちら
    携帯にURLを送信:
    ※上記の入力フォームにメールアドレスをご入力ください。
    ※ドメイン指定受信を設定されている方は「nikkansports.co.jp」を受信可能に設定してください。
    前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.