コラム・特集

為末大学

為末大学

五輪に3度出場、世界選手権で2度銅メダルを獲得した侍ハードラーが、独自の視点から五輪を斬る。

レスリングの吉田選手も、それから体操の内村選手も、今は先のことは考えられないと話をしている。試合を終えた選手としては当然の心境だと思う。ゆっくりと休んでほしい。一般的にアスリートはあふれ…[]

今回のオリンピックは、これまでよりもさらにドラマが多かったように感じられた。特に選手のひたむきな姿勢は多くの感動を呼んだ。私たちが見ていたこの17日間で起きたことは、いわば最後の仕上げだ…[]

現役時代にはあまり気がつかなかったが、引退してからミックスゾーンにメディア側として立って、あらためて感じたのは日本選手のインタビューの特異さだ。成績が悪かった時のアメリカ選手が、自分なり…[]

オリンピックでは信じられないような光景を時々目にする。男子400メートルで、永遠に残るのではないかと思われていたマイケル・ジョンソンの世界記録がついに破られた。南アフリカのファンニーケル…[]

今回、日本の体操は見事な演技だった。予選でうまくいかなかった部分を修正して、決勝では金メダルを個人、団体ともに獲得した。さて、インタビューでも選手が口にしていた「修正」という言葉は、厳密…[]

萩野選手と瀬戸選手が、競泳の男子400メートルメドレーで金メダルと銅メダルを獲得した。競泳日本勢のダブル表彰台は60年ぶりの快挙だそうで、日本チームも幸先良いスタートとなった。2選手の努…[]

今回の五輪は、国家と選手がクローズアップされる大会になると思っている。1つはドーピングだ。私の現役時代もドーピング検査は試合時と平常時に抜き打ち検査があり、ほぼ個人で検査から逃れることは…[]

もっと見る

Sponsored

コラム・特集

日刊スポーツ・インスタグラム

@nikkansports # 
写真をもっと見る
  • 日本時間 --/-- --:--
  • ブラジル時間 --/-- --:--

日本の獲得メダル数

  1. 12
  2. 8
  3. 21
  • メダル詳細 with 金メダルサンバ隊
東京五輪2020

五輪ニュースランキング

日刊ツイッター速報