日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 結果
  4. 出場チーム
  5. コース
  6. 歴代優勝
  7. 地区大会
  8. 大会展望
  9. 概要&テレビ放送
  10. 注目選手インタビュー

コニカミノルタV「5年分の優勝」/駅伝

笑顔でゴールする、コニカミノルタの松宮隆行(共同)
笑顔でゴールする、コニカミノルタの松宮隆行(共同)

<全日本実業団対抗駅伝>◇1日◇群馬県庁前発着(7区間100キロ)◇37チーム

 コニカミノルタが5年ぶり7度目の優勝を果たした。

 2区まで14位と出遅れたが3区で4位に浮上。4区のエース区間で宇賀地強がトップに立つと、5区で伊藤正樹が区間賞の走りを見せ、2位に26秒をつけて独走態勢に入った。6区の新田良太郎も区間賞の快走でリードを広げると、アンカーのベテラン松宮隆行が悠々とゴールテープを切り、胴上げされた。

 01年から3連覇、05、06年に連覇、08年にも優勝し「21世紀駅伝王者」と呼ばれた。それだけに酒井勝充監督は「非常に長かった5年間でした。感慨無量です」と5年ぶりの復活優勝を喜んだ。アンカーの松宮は「今までの優勝で一番うれしい。5年分の優勝です。若手が良く頑張ってくれました」と感激していた。

 [2013年1月1日15時30分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞